シミの原因はメラニン色素

シミはメラニン色素が過剰に生成され、色素沈着を起こすことにより発生します。 メラニン色素が過剰に生成されるのは、紫外線や活性酸素、炎症などの刺激から皮膚の細胞を守ろうとするメラノサイトの働きです。 紫外線が入ってくると、メラノサイトを刺激して、メラニン色素を作り出す物質が活性化されます。 普通は、新陳代謝により白くなりますが、メラノサイトが活性化したまま、シミになることがあります。

活性酸素が発生すると、これを取り除くためにメラノサイト刺激ホルモンが分泌され、メラニン色素の生成が促進されます。 また、皮膚に炎症が起こると、皮膚のダメージを回復しようと、新たな細胞を作る働きが活発になると同時に、メラノサイトも活発化され、メラニン色素の生成が促進されてシミとなります。

日焼けやニキビ、火傷など、外見的に分かるものだけではなく、更年期や生理不順などの女性ホルモンの乱れなど、見た目で分からない要因が長期的に続くことでもシミになります。 加齢のせいだと思っていたシミも、実は乾燥肌やストレス、睡眠不足に紫外線対策をしなかったことが、メラニン色素の生成を促進していたかもしれません。 シミにおすすめの美白化粧品

シミを防ぐには紫外線対策だけでは不十分

紫外線は、シミの大きな原因の一つですが、それを防ぐだけでは不十分です。 身体の中と外の対策が必要です。 身体の中は、活性酸素の発生を防ぐことです。 身体の外は、皮膚への不必要な刺激をしないことです。

活性酸素が発生すると、これを取り除くためにメラノサイト刺激ホルモンが分泌され、メラニンが作られます。 原因としては、紫外線、喫煙、過剰な飲酒、食品添加物、睡眠不足、ストレスなどが上げられます。

皮膚への刺激は、皮膚に炎症が起こると、炎症によるダメージを回復するために皮膚の細胞が活性化し、メラノサイトまで活性化されてしまい、メラニンが発生することで色素沈着が起こってしまいます。 皮膚に炎症を起こす原因としては、洗顔や洗身時に必要以上に擦ったり、刺激の強い化粧品、虫刺され、湿疹、かぶれ、ニキビなどがあります。

ニキビなどのようにはっきりとは分からなくても、軽度の炎症が長期間続き、シミになることもあります。 ですから、シミにおすすめの化粧品を使ってケアしましょう。 紫外線以外にも多くの原因があり、これらを改善あるいは防ぐことが根本的な対策であり、健康な生活にもつながります。

出来てしまったシミを解消するには

シミを解消する方法はいろいろありますが、経済的で効果のある、皮膚科でも薦められる薬をご紹介します。 それは、トレチノインとハイドロキノンです。 市販されてもいますが、病院で処方される薬よりも効果は薄く、人種的な皮膚の違いもありますので、輸入品はリスクが伴います。 病院で処方していただいた方が間違いありません。

トレチノインは、ビタミンA誘導体で、皮膚の細胞分裂を促進し、メラニンを含んだ古い皮膚を押し出します。 ハイドロキノンは、メラニンを合成する酵素チロシナーゼを弱らせ、メラノサイトの働きを抑え、メラニンの数を少なくします。 効果的な薬だけに、使用量を誤ると、かぶれや赤み、白斑などが出る可能性があります。

ハイドロキノンだけでは皮膚に浸透しにくいのでトレチノインとセットで使うと肌への浸透も良くなり、相乗効果でメラニンを排出する効果が高まります。 通常のお肌のお手入れの一環として使えますので、特別に負担に感じることはありません。 ただ、効果が高いだけに、誤った使い方は逆効果です。 皮膚科でお肌の診断を受け、使用量や使用回数の説明を受けて、正しく使いましょう。